ご依頼から施工までの流れについて

no1工程1

着工日・完了予定日・材料の選定・仕上げ色の色相の確認等、綿密に打ち合わせます。

お客様からの気になる点やご要望などを反映させる為の大事なステップです。

お客様と打ち合わせ

no2工程2

足場仮設後、足場にメッシュ状の「塗料飛散防止ネット」を張り巡らせます。

近隣の住宅や自動車等に塗料が付く事を防止するため必要です。

着工・塗装用足場組立

no3工程3

外壁や屋根、樋や破風等を高圧洗浄機にて水洗いします。

この作業はかなり重要で、ここで手を抜くと後に塗装が剥げ落ちたりする原因になるため入念に洗浄をします。

高圧洗浄機による
洗浄作業

 

no4工程4

塗らない箇所や汚してはいけない箇所にビニール等を被せて養生をします。

着工日・完了予定日・材料の選定・仕上げ色の色相の確認等、綿密に打ち合わせます。

塗装養生

no5工程5

下地処理とはその塗装する部材によって変わります。

☆外壁面=モルタルやコンクリートの場合はひび割れ等をシールや充填材を使用して充填補修を施します。

※1 詳しくは下部詳細説明をご覧下さい。

下地処理

no6工程6

塗料の材質によって様々な施工方法があります。

塗装作業は大きく分類すると下塗り、中塗り、上塗りという工程になります。

※2 詳しくは下部詳細説明をご覧下さい。

塗装作業

※1 塗装する部材によって変わる下地処理の代表例

外壁面
モルタルやコンクリートの場合はひび割れ等をシールや充填材を使用して充填補修を施します。
外壁面
サイディングの場合はサイディングの取合い部のシールを確認し、劣化している場合は一度全て剥離し新しくシールを充填し直します。足場をかけて塗装するわけですから、極力すべてのシールをやり変える事をお勧めします。
屋根面
セント瓦・コロニアル・焼瓦など、洗浄は落ちきれなかったコケやカビ等の除去を行います。
破風(はふ)面
家によっては一番痛みが激しい箇所でもあり、きちんと剥げかけている塗膜を除去し、場合によっては外部用パテにて補修を施します。
樋(とい)
付着しているコケや汚れ等を除去する事と新しく塗装する塗料の付着をよくするため、サンドペーパー等でケレンします。
雨戸
点サビ等で表面がボコボコになっている事もあり、サンドペーパーや電動工具でサビを除去し、表面を滑らかにします。

※2 主な塗装作業について

下塗り
これは塗料の付着をよくするため、防水効果を得るため、下地の傷等を隠すため等、色々な効果をもたらす事のできる工種です。ここで手を抜くと大変な事になりますので適材適所な材料を選定し確実に施工します。
中塗り
材質的には上塗りで使う塗料を塗る事が多いため「上塗り一回目」とも言う場合があります。
上塗りが効率よく機能するために中塗りを行います。中塗りや上塗り一回目等で手を抜くと仕上がり時にツヤが無くなったり、すぐに汚れが付いたり等不具合が生じます。
上塗り
建物を保護する目的と美観を整えるために、お客様と打合せた色相で行います。ツヤの出具合などをよく確認しながら丁寧に塗装をしていきます。
ページ最上部に戻る